政和福祉会について

お給料をもらいながら能力を活かして働ける「就労継続支援A型事業」新規開設しました 企業等に就労することが困難な皆さんへ「あなた向けのお仕事あります!」お仕事情報を見る 活動情報ブログ リサイクル&産業廃棄物「森田商店グループ」WEB
NPO法人 障がい者支援ねっとまつばら

政和福祉会の理念

『住み慣れた所で暮らしたい。みんなと生活を楽しみたい。
   働きたい。』という気持を応援し、共に歩んでいきます。

社会福祉法人政和福祉会は、障がいのある人を中心にして、利用者・家族・職員地域関係者の三者が和をもって設立した法人です。

将来にわたって三者が力を合わせて様々な事業を築き上げていくことをめざします。『障がいのある人が地域の中で将来にわたって暮らしていくこと』をめざして何ができるのか、何を支援していくのかを常に考えていきます。

障がいのある人一人ひとりが豊かに自己実現し、個人としての尊厳をもってその人らしい社会活動、労働(就労)、暮らしをおくるための支援・サービスの提供を進めていきたいと思います。

概要

名 称 社会福祉法人 政和福祉会
所在地 〒580-0031 大阪府松原市天美北4丁目2番4号
TEL / FAX 072-337-9456 / 072-337-9856
代表者氏名 理事長 森田 政春
設立年月 法人設立日:平成15年3月31日
事業所の名称
及び
事業の名称
  • 大堀リサイクル(生活介護・就労継続支援A型)
  • 松原ワークセンター・リサイクル
    (生活介護・就労継続支援B型)
  • ほっと あまきた(短期入所)
  • 相談支援センターふたば(計画相談支援)
  • ほっと かわい(共同生活援助)

沿革

平成12年
(2000年)
  • 松原市天美北8-2-36に障害者福祉作業所「ワークセンター・リサイクル」を開設。NPO法人福祉ネット大和川設立(同年10月)その組織内に入る
平成13年
(2001年)
  • 小規模社会福祉法人化・小規模通所授産施設化を目指してNPO法人福祉ネット大和川より分離・独立(4月)
  • 「松原ワークセンター・リサイクル運営委員会」設立、同家族会設立(4月)
平成14年
(2002年)
  • 松原市天美北4丁目99番33(4-2-4)へ作業所を移転、現員12名(4月)
  • 「松原ワークセンター・リサイクル後援会」が現在の不動産を取得(4月)
平成15年
(2003年)
  • 社会福祉法人 政和福祉会設立(3月)
  • 「松原ワークセンター・リサイクル後援会」より法人へ、松原市天美北4丁目99番33(4丁目2番4号)の不動産を寄附。後援会、同家族会より法人へ開設時運転資金を寄附(3月)
  • 小規模通所授産施設「松原ワークセンター・リサイクル」認可、定員15名(4月)
平成16年
(2004年)
  • 同施設拡張、松原市天美北4丁目99番34(4丁目2番3号)を賃貸する定員増員変更19名へ(4月)
平成17年
(2005年)
  • (公益事業として法人事業追加)松原市大堀3丁目9番8号に障害者福祉作業所「大堀リサイクル」開設(定員9名)(4月)
平成18年
(2006年)
  • 小規模通所授産施設 「大堀リサイクル」認可、定員12名へ増員。両施設合計定員31名、現員29名となる(4月)
平成19年
(2007年)
  • 小規模通所授産施設「大堀リサイクル」大堀3丁目9番7号へ移転する(4月)
  • 7月:障害者自立支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所(新体系事業)へ移行する
    (1)松原ワークセンター・リサイクル
      (生活介護事業:定員8名)
    (2)松原ワークセンター・リサイクル2
      (就労継続支援B型事業:定員10名)
    (3)大堀リサイクル
      (就労移行支援事業:定員6名、就労継続支援B型事業:定員12名)
    主たる事業所、従たる事業所1、従たる事業所2の3つの事業所での合計定員36名となる
平成22年
(2010年)
  • 法人が従たる事業所1「松原ワークセンター・リサイクル2」の不動産、松原市天美北4丁目99番34(4丁目2番3号)を取得する(2月)
平成23年
(2011年)
  • 松原ワークセンター・リサイクル施設整備国庫補助金内示を受ける(7月)
  • 松原ワークセンター・リサイクルは仮事業所として東新町4-5-3へ移転する、就労継続支援B型事業の定員を松原2名、大堀2名増員する(9月)
    (1)松原ワークセンター・リサイクル
      
    (生活介護事業 定員8名及び就労継続支援B型事業:定員12名)
    (2)大堀リサイクル
      (就労移行支援事業:定員6名、就労継続支援B型事業:定員14名)
    主たる事業所、従たる事業所の2つの事業所での合計定員:40名となる
平成24年
(2012年)
  • 松原ワークセンター・リサイクル新築竣工(3月末)
  • ウェブサイト開設(4月)
  • 松原ワークセンター・リサイクルは新事業所として天美北4-2-4へ移転する、生活介護の定員を2名、就労継続支援B型事業の定員を松原3名増員する(5月)
    (1)松原ワークセンター・リサイクル
      (生活介護事業:定員10名及び就労継続支援B型事業:定員15名)
    (2)大堀リサイクル
      (就労移行支援事業:定員6名、就労継続支援B型事業:定員14名)
  • 「ほっと あまきた」(短期入所事業:定員3名)を松原市天美北4-2-4にて新規開設する(5月)
平成25年
(2013年)
  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に基づく指定障害福祉サービス事業所松原ワークセンター・リサイクルの指定更新を行う(7月)
    (1)松原ワークセンター・リサイクル
      (生活介護事業 定員10名及び就労継続支援B型事業 定員15名)
    (2)大堀リサイクル
      (就労移行支援事業 定員6名、就労継続支援B型事業 定員14名)
      (主たる事業所、従たる事業所の2つの事業所での合計定員45名)
  • 法人が松原市河合5丁目183番1の土地(485㎡)を取得する グループホーム建設予定候補地として検討を始める(12月)
平成27年
(2015年)
  • 「相談支援センターふたば」(計画相談支援事業)を松原市天美北4-2-4にて新規開設する(3月)
  • 松原市天美北4-2-4松原ワークセンター・リサイクルの4階にて計画相談を始める(3月)
  • 「大堀リサイクル」就労移行支援事業を廃止する(9月末)
平成29年
(2017年)
  • 「ほっと かわい」「ほっと かわい さくら」新築竣工 松原市河合5丁目183-1(5月)
  • 障害福祉サービス事業所障害者共同生活援助事業所「ほっと かわい」(定員6名)及び「ほっと かわい さくら」(定員4名)を開設する(7月)
平成30年
(2018年)
  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に基づく指定障害福祉サービス事業所短期入所事業所「ほっと あまきた」の指定更新を行う(5月)
  • 障害福祉サービス事業所「大堀リサイクル」(生活介護事業:定員10名及び就労継続支援A型事業:定員10名、多機能型事業所:合計定員20名))新規開設(5月)
  • 「松原ワークセンター・リサイクル」(生活介護事業:定員10名、及び就労継続支援B型事業:定員15名)の変更【従たる事業所:大堀リサイクルの廃止】(5月)

法人基本情報


現況報告書をご覧になりたい方は、社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム(WAM NET)の「法人名から探す」より「政和福祉会」で検索してください。

理事長コメント

 平素は当法人事業所に多大なるご支援とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 当法人は長年の課題であった「グループホーム」が平成29年7月に完成し、「ほっとかわい、ほっとかわい さくら(共同生活援助)」として新しい生活が始まりました。当法人理念の一つである「『住み慣れた所で暮らしたい。』という気持ちを応援し、共に歩んでいきます。」という支援の具体化が実現いたしました。障がいをお持ちの方、ご家族のみなさん、家族会、後援会及び関係者の皆様のご支援のおかげです。これまでの多大なるご支援とご協力を賜り心より感謝申し上げます。

 「松原ワークセンター・リサイクル、大堀リサイクル(生活介護、就労継続支援B型)」及び「ほっとあまきた(短期入所)」では、平成29年度も利用者と共に歩みながらそれぞれの支援やサービスの内容の充実と将来の事業展開に向けて準備を進めてきました。

 平成27年に松原市に誕生した「NPO法人障がい者支援ねっとまつばら」を通じて、就労支援事業の中身の検討と共に私たちの事業所の課題も見ることができ、平成30年度に向けての新事業の展開(大堀リサイクル就労継続支援A型事業の開設)へとつながりました。「ねっとまつばら」との連携や地域の様々な方々、企業や団体との関係も深まりました。おかげさまで「大堀リサイクル」はこれまでの「松原ワークセンター・リサイクルの従たる事業所」から独立し、就労継続支援A型事業及び生活介護事業の多機能型事業所として平成30年5月に新規開設することができました。みなさんのご支援とご協力を賜り心より感謝申し上げます。

 本年は様々な障がい者の「働きたい。」という障がい者雇用の創出と就労支援の拡大という大きな課題にチャレンジする年となりました。ますます様々な企業や団体と関係をつなげ深めて就労支援の拡大を目指していきたいと思います。

 「相談支援センターふたば」では、利用者の様々なニーズに合わせた個別の計画相談支援が進みました。また「グループホームほっとかわい、さくら」では家庭的な雰囲気でにぎやかで楽しい暮らしをしてきました。これまでの皆様のご支援とご協力、本当にありがとうございます。 当法人の理念であります「『住み慣れた所で暮らしたい。みんなと生活を楽しみたい。働きたい。』という気持ちを応援し、共に歩んでいきます。」を再度認識し、平成30年度も利用者一人ひとりの生活や働くことへの支援を進めていきたいと思います。

 当法人事業所は微力ではありますが、利用者が地域で共に働き、安心して暮らせる社会の実現をめざし、今後も事業の発展に全力を尽くしてまいります。 皆様、今後ともご指導・ご支援を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年 6月吉日
社会福祉法人 政和福祉会
理 事 長  森田 政春

ページトップへ戻る
お問い合せ「TEL.072-337-9456/FAX.072-337-9856」 社会福祉法人 政和福祉会
    ●松原ワークセンター・リサイクル:
     〒580-0031 大阪府松原市天美北4-2-4 (アクセスを確認
    ●大堀リサイクル:〒580-0006 大阪府松原市大堀3-9-7 (アクセスを確認